改めて知る運動に水分が必要な理由

改めて知る運動に水分が必要な理由

成人で6割、子供で7割が水でできており、水なしに人間は生きることはできません。普段から運動をしている人は水分を摂ることを意識していると思います。ここでは、運動に水分が必要な理由を説明します。

水分が必要な理由

運動で汗をかくから

運動をしている時は体温が上がるため、普段よりも多くの汗をかき、水分をたくさん消費します。特に、暑い季節は気温が上昇し、より多くの水分が使われます。反対に、寒い季節は冬よりも乾燥しており、汗が蒸発しやすいため、汗をかいている自覚が少なくなりやすいです。安全に運動するためにも、常に水分を補給を意識するのが大切です。運動する前後の体重の減少量が2%以上になると、判断力などが低下します。さらに、ひどい場合だと、体温調節がうまくできなくなり、熱中症を発症する危険性もあります。

どれ位飲めばいい?

運動前

運動をする30分前に水300~500ミリリットルを数回に分けて飲みます。一度に多く水分を摂ってもしっかり吸収できません。こまめに水分を摂るようにしてください。

運動中

運動している最中は、30分毎に200ミリリットル前後飲みます。体外に出ていく汗には水分だけでなく、ミネラルも含まれています。そのため、ナトリウムが含まれるものを摂取すると良いでしょう。スーパーなどで販売されているスポーツドリンクもおすすめです。

運動後

運動が終わったら、減った体重の分を補うように、数回に分けて飲みます。運動直後は体の水分が減ります。より意識して水分を摂り、失っただけ取り戻りましょう。

自分に必要な水分量を知るには?

自分の体重を計り水分の摂取量を確認しましょう。運動する前後に体重を計るようにしてください。体重を測定する時のポイントを説明します。

  1. 運動する前後の同じ服装で体重を測ります。この時、自分の体以外、服の重さが変わらないよう気を付けて測定してください。
  2. 運動した後に測定する場合、汗を拭いてから体重計に乗ります。
  3. 体重が運動する前よりも2%以上減っていないか、または水分を摂り過ぎて体重が増えていないかチェックしてください。

飲み過ぎに注意

体に悪影響を及ぼす

水は体に必要な存在ですが、飲み過ぎは体に悪影響を及ぼしてしまいます。水を飲み過ぎることで体液が薄くなり、低ナトリウム血症を起こします。尿を作るにあたり、最短でも1分間に約16ミリリットルと言われています。それを1時間に換算すると16(ミリリットル)×60(分)=960ミリリットルになります。尿を作るペースを上回るスピードで水を飲むと、余分な水分として体外へ出すのが難しくなり、体の細胞が膨張して低ナトリウム血症に繋がります。

最悪の場合死に至る

2007年、アメリカで開催された「水飲みコンテスト」で、20代の女性が水をおよそ7リットル飲み、数時間後には水中毒で死亡した事件がありました。水中毒の初期症状は軽い疲労感が多いとされています。その後、頭痛や全身の倦怠感といったものが見られ、さらに症状が進むと昏睡状態になり、最終的に神経の伝達が妨害されます。最悪の場合、呼吸困難で死に至ります。このコンテストで亡くなった女性は、大会中に頭痛や目眩を訴えていたと言われています。くれぐれも水の飲み過ぎにはご注意ください。

まとめ

水は人間が生きていく中で必要不可欠なものです。運動することで通常よりも水分を失うため、こまめに水分を摂ることが必要になります。喉が渇いたと思う前に水分を摂取するのも大切ですが、自分にとって適切な水分量を知ることも必要です。水の飲み過ぎに注意して、楽しく運動をしましょう。

The following two tabs change content below.
元気もりもり

元気もりもり

元気もりもりは健康に関する様々な知識を紹介するサイトです。普段何気なく行っている運動や、食べるもの、飲むものについても考えていきたいと思います。

About Author

元気もりもり

元気もりもり
元気もりもりは健康に関する様々な知識を紹介するサイトです。普段何気なく行っている運動や、食べるもの、飲むものについても考えていきたいと思います。