知れば体の悩みが解決するかも?ミネラルと身体の関係

知れば体の悩みが解決するかも?ミネラルと身体の関係

ミネラルは、脂質・糖質・たんぱく質・ビタミンに並ぶ5大栄養素の1つとして数えられますが、ミネラルが肩こりや冷え性に関係があることを知っていますか?ミネラルと身体の関係を知れば、長年困っていた体の悩みが解決するかもしれません。ここでは、ミネラルと身体の関係を説明します。

ミネラルの効果

肩こり

肩こりの原因の多くは、ミネラルやビタミン不足とされています。ちなみに、ストレスも肩こりの原因の一つに挙げられ、ストレスを抑制するには、ミネラル分のカルシウムやマグネシウムが役立つようです。カルシウムには神経の興奮をしずめて、精神を安静させる働きがあります。マグネシウムには血液を固まりにくくしたり、体温や血圧などを調節したりする働きがあるため、イライラや集中力の低下に効果があると考えられています。

冷え性

ミネラルやビタミンが不足すると、食物から熱やエネルギーを生成できず、体温は上がらなくなるため、冷え性の原因となります。特に、食生活が乱れていたり無理なダイエットをしたりすると、ミネラルが不足しがちになります。ミネラルなどを摂取して、体温を上げれば冷え性の改善に繋がります。

便秘

便通が悪く、お腹に溜まって張るあの感覚は非常に苦しいですよね。便秘を放っておくと肥満に、最悪の場合がんの原因にもなってしまいます。市販の便秘薬にはマグネシウムがたっぷり入っています。この成分には、体内の水分を集める性質があり、集められた水分が便を柔らかくしたり、腸を刺激したりします。このような働きによって、便通を促してくれます。
便秘に悩んでいる人は、運動・水分補給などに加えて、ミネラルを取り入れると良いでしょう。

むくみ

マグネシウムは筋肉の運動をサポートするだけでなく、利尿作用もあるので、排尿を促して体内の余分な水分を排出できます。カリウムはナトリウムを排出する働きがありますが、カリウムが不足すると水分調整が上手くできなくなるため、むくみが生じます。

ミネラルが不足すると?

ミネラルが不足すると、骨や神経などのバランスに影響を及ぼします。

骨がもろくなる

カルシウムなどのミネラルは体内で生成できないので、口から摂取しなければなりません。カルシウムが不足すると、骨が弱くなるため骨粗しょう症の原因となります。また、血液中のカルシウムが不足すると、それを補うために骨からカルシウムが溶け出します。すると、骨の内部のカルシウムの量が徐々に減っていきます。その結果、骨がもろくなるだけでなく、血管を老化させて動脈硬化や脳卒中などの原因にもなってしまいます。

イライラや不整脈の原因に

ミネラル分であるマグネシウムが不足すると、イライラ・不整脈・筋肉痛といった症状が出ます。体内に存在するマグネシウムは少量ですが、上手く摂取できないとなると体のバランスが崩れてしまいます。ストレスが溜まると、マグネシウムは尿に排出されてしまうため、不足する原因となります。

ミネラルを摂り過ぎると?

結石や下痢の原因に

ミネラル分を過剰摂取すると、結石ができたり、下痢をしやすくなったりします。体内にミネラルが増加したことで、腎機能に負担がかかり、消化・吸収に影響を与えているからだとされています。さらに、ミネラルの消化・吸収には多くの水分が必要となるため、便秘になる可能性もあります。

まとめ

ミネラルは骨などを構成し、体の調子を整える作用があります。ミネラルを豊富に含んだ硬水を積極的に飲んで、補給してみてはいかがでしょうか?硬水に飲み慣れていない人は、下痢などの体調不良を起こす可能性があるので、自分に適したミネラルウォーターを選んでください。ミネラル不足に陥らないよう、毎日地道にミネラルを摂取して身体を整えておきましょう。

The following two tabs change content below.
元気もりもり

元気もりもり

元気もりもりは健康に関する様々な知識を紹介するサイトです。普段何気なく行っている運動や、食べるもの、飲むものについても考えていきたいと思います。

About Author

元気もりもり

元気もりもり
元気もりもりは健康に関する様々な知識を紹介するサイトです。普段何気なく行っている運動や、食べるもの、飲むものについても考えていきたいと思います。